「動物霊」について



霊は人間の霊だけではありません。

「動物霊」も存在します。



犬、猫、牛、馬等、様々ですが代表的なものは、

やはり「狐」です。



狐に高い霊力があることは昔から良く知られています。



「狐憑き」「狐火」という言葉が、今でも残っている事からもわかるように、

霊力がとても強い動物です。



それでは、狐に取り憑かれるとどのようになるのでしょう?



実は行動パターンと思考パターンが文字通り動物的になり、

理性よりも本能が身体を支配するようになっていくのです。



例えば、夫と子供がいる女性でも、嘘をついてまで外出し、

不特定多数の人とSEXし続けるようになったりするものです。



そして、性的な面だけでなく、

食べる事についても本当にお腹がすかなければ動き出さないとか、

家の中が散らかっていても平気でいられるというような行動が

目立つようになるものです。



ただし、狐の霊には「神様のお遣いの狐」と、

野の狐すなわち「野狐(やこ)」がいます。



ここで、二つの違いを書いておきましょう。



「神様のお遣いの狐

ウカノミタマ様のお遣いで、人生の道を開いてくれたり、

商売繁盛させてくれたりするのです。



つまり、人生を切り開いてくれる神様のお遣いです。



但し粗末にすると、人生の道を閉ざしたり、

商売を駄目にしてしまったりしますから、

恐ろしい霊力の持ち主なのですよ。



もちろん神様のお遣いとして働いているわけですから、

「品」があり、心を読み、心を汲んでくださるのです。



だから、お金や物をいっぱい供えないと願いを叶えません!

などというようなことは、決してありません。



「野狐

動物的な欲求に忠実で、性欲が激しく、物欲が激しいのです。



また異常な金銭欲があるものです。



神様のお遣いの狐に比べると下品で、

物を供えないと願いを叶えてもらえない傾向があります。



つまり、多く供えた者ほど願いを叶えてもらえるようです。



以前、伏見稲荷を勧請しているという

かなり地元では有名なお稲荷さんに行って、

霊視したことがあったのですが、

そこの祭壇にはなんと大きな狐がいたのです。



つまり、そこの神社にはウカノミタマ様はおられなかったわけです。



こういうこともあるのです・・・。



先ほども言いましたが、神様のお遣いの狐は、

「神様のお遣い」であるだけに、お参りする人の心を見るようです。



真剣に神様と向き合っている人には、

それなりの力を与えてくださるようですよ。

しかし恩を忘れるようなことをすると、

その障りはとても重く大変な事になるのです。



くれぐれも気をつけてくださいね。



また、動物霊は狐にとどまりません。



「おしどり夫婦」という言葉に使われるおしどりは、

よく仲のいい夫婦の代名詞になっていますが、

実際は学者が研究したところによると、おしどりのメスは、

オスが餌を探している間に他のオスと交尾をする事が確認されています。



本当に困ったものです。



また、犬の霊もあります。



犬はちょっと特殊のようです。



犬は主人を守る事が本能的欲求ですので、

飼い主を守ってくれる守護霊(犬)になることが多いようですよ。



目次へ戻る